tomodatiの新曲「 B A D D R E A M S」のミュージックビデオが公開!中村の顔にVJが投影されるニューウェイブでドラッキーな作品

『tomodatiの新曲「 B A D D R E A M S」のミュージックビデオが公開!中村の顔にVJが投影されるニューウェイブでドラッキーな作品

2021年9月30日tomodatiのニューシングルB A D D R E A M Sのミュージックビデオが公開された。

ジャンルレスな活動で、多彩な楽曲を提示し続けていた、オルタナティブエレクトロバンド、tomodati。
先月配信されたベースミュージックやハイパーポップの文脈を、独自のオリジナリティーのアプローチに落とし込み好評を得た新曲『B A D D R E A M S』

『未曾有のバイオハザードに犯された2021の東京に住む悲しきリアリティーや怒り、内面の葛藤を激しい音像で表現する』

というテーマを持って製作されたこの曲をメンバーであるsadakataがメガホンを取り、映像化。

中村の顔に映像を合成することにより精神的内面の葛藤や怒りを見事に表現した。
さらにsadakataの真骨頂であるドラッキーなエフェクトで激しい音像を視覚化している。
中村の顔面への映像の合成は、近年発達したカメラアプリでの顔面の加工技術を拡張解釈し、素顔(内面の感情)を隠すというということの比喩表現と、近未来の、ある意味でのデジタル化されたタトゥーという側面もある。

この曲を評論したtomodatiとも親交のある「春ねむり」がこの楽曲を聴いた際に、芸術は他人に危害を加えかなない怒りなどの感情を、視覚や聴覚で表現し解消する装置ということを話していたが、映像がつくことにより、その役割をさらに強力に表現することに成功した作品である。

カテゴリー: news.